エドワーディアン

エドワード期(エドワーディアン)とはエドワード7世が(Edward VII、アルバート・エドワード、英語: Albert Edward、1841年11月9日 - 1910年5月6日)が在位していた時代を指します。

エドワード7世は、ヴィクトリア女王とその王配アルバート公子の第2子(長男)として生まれます。1901年1月22日に母ヴィクトリア女王が崩御し、59歳でイギリス国王に即位しました。エドワード7世の在位は1901-1910年までですが、エドワーディアン・ジュエリーは1890年頃から1920年頃までに英国で作られたジュエリーを指します。

エドワーディアンの特徴はその繊細なデザインにあり、フランスのベル・エポックと時代を同じくしています。