オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』
オールドノリタケ『 ネオクラシック』

オールドノリタケ『 ネオクラシック』

価格
¥48,000
セール価格
¥18,000

 【作品の詳細】 

オールドノリタケのネオクラシックなガーランドが特徴のカップ&ソーサーのご紹介です。

清潔な白磁と柔らかい印象のアイボリー色が洗練された印象を与えてくれます。そしてそのアイボリーの部分に古き良き時代を彷彿とさせるようなガーランドがぐるりと周囲を取り囲んでいます。このモティーフがネオクラシックの回帰といった印象の仕上がりです。

カップの形もすっきりとしており、甘いデザインがあまり得意ではない方に、そして現代生活にもすっと溶け込む佇まいのカップ&ソーサーですね。ソーサーにも同様のデザインでお洒落な仕上がりとなっていますね。金彩がゴージャスでもう少し華やかな作品は以下でご覧になれます。

 オールドノリタケ 『 ゴールドセット』

1800年代の終わりから1900年代初め、ノリタケ(森村組)は積極的に海外展開を手掛け(当初は窯元ではなく日本製品を西洋に売ることを専門としたディーラーでした)、英国はその主要輸出国のひとつでした。 

森村組の要求の下、日本或いは東洋的なテーマしか描いたことのなかった絵師が、西洋(主に米国と英国)の消費者にあうテーマ、例えば薔薇絵をマスターするのは大変な苦労であったといわれます。 

1900年初め、ノリタケはいくつかの英国及びドイツの名窯の作品を模倣し学びながら海外に積極展開しておりました。磁胎も、シェイプも、こちらの欧州で人気の高かったウィーン調とでもいいましょうか、ドイツの窯で学んだことを基本として改良を重ねていいったようです。(参考『オールドノリタケ名品集』若林 経子・大賀 弓子 2001 平凡社) 

オールドノリタケの挑戦 

オールド・ノリタケ『薔薇の庭園 』

こちらの作品ですがいかがでしょうか。皆様はいかがご覧になりますか? 

オールドノリタケの場合ですと、色々な事情があったのでしょう。同時期・同地域向け(例えば、北米とか英国向け)であるにもかかわらず、いくつもの違ったメーカー名やマークを使っておりましたが、こちらの作品の裏には有名な裏印である「マルキ」マーク(英国ではスパイダーマーク)はがついております。ちなみにマルキ(丸木)マークは「困」難やチャレンジを「矢」で打ち抜き「丸」く収めてゆくという意味を込めておられるということです。 

※ 写真に一緒に写っているシルバー製品は含まれておりません。シルバー製品はこちらをご覧くださいませ。

【コンディション】 

ひび、かけ、貫入などのない美しいコンディションです。また金彩一部の擦れが見られますが、パッと見てわかるようなものではございません。写真をご覧くださいませ、ご覧の通り綺麗なお品物でございます。

【サイズ】 

カップ  口径 約7.5cm / 9.5cm(ハンドルを含む)
     高さ 約5.5cm
ソーサー 直径 約13.4cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クォリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。