オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス
オールドノリタケ アンティークカップ アンティークトリオ Old Noritake antique cup 英国アンティークス

オールドノリタケ 『 プリンセスの薔薇 』 トリオ

価格
ご売約済
セール価格
¥150,000

 【作品の詳細】 

本日はまた特別なお品物をご紹介できますことをうれしく存じます。英国アンティークスでは以前より何点もオールドノリタケの新種マークをご紹介申し上げておりますが、こちらもそのうちの一点でございます。

クオリティーも確かです。オールドノリタケと申しますと、そのクオリティーにバラツキがございますよね。1900年代最初の頃、躍起になって海外展開をしている中で、必ずしも最高級でないものも輸出されておりました。しかしながら、こちらの作品に限りましてはご安心いただいて結構かと存じます。 

作品につきましては、写真をご覧いただきますと明らかですね。ウィーン風のエレガントなシェイプに可愛らしい薔薇があしらえてあります。素地は薄いにもかかわらず堅牢でキーンと金きり音がいたします。希少で大変重要な作品です。大切にしてくださるお客様、是非お手元にどうぞ。 

1800年代の終わりから1900年代初め、ノリタケ(森村組)は積極的に海外展開を手掛け(当初は窯元ではなく日本製品を西洋に売ることを専門としたディーラーでした)、英国はその主要輸出国のひとつでした。 

森村組の要求の下、日本或いは東洋的なテーマしか描いたことのなかった絵師が、西洋(主に米国と英国)の消費者にあうテーマ、例えば薔薇絵をマスターするのは大変な苦労であったといわれます。この作品の薔薇、いかがご覧になられますか?ちょっと意地悪かもしれませんが、まだ洗練されていませんよね。学習段階、過渡期のノリタケであったに違いありません。 

1900年初め、ノリタケはいくつかの英国及びドイツの名窯の作品を模倣し学びながら海外に積極展開しておりました。磁胎も、シェイプも、こちらの欧州で人気の高かったウィーン調とでもいいましょうか、ドイツの窯で学んだことを基本として改良を重ねていいったようです。(参考『オールドノリタケ名品集』若林 経子・大賀 弓子 2001 平凡社) 

さてこちらの作品のバックマークですが、ノリタケとしては一般に認識されていないものです。しかしながら、英国アンティークスではこれをまた新種のノリタケマークであろうとの判断のもとに皆様にご紹介申し上げております。こうした経緯につきましては こちら や  こちら をご覧くださいませ。 

私どもの経験、共同研究それから直感からもノリタケと知られていない会社名やマークがまだまだあるような気がいたします。例えば こちら のマーク・作品については、まず間違いなくオールドノリタケであるとの判断がなされております。 

★ オールド・ノリタケ カップセット 

こちらの作品ですがいかがでしょうか。皆様はいかがご覧になりますか? 

今後調べてまいります所存です。楽しみですね。何か情報をお持ちのお客様、パトロンの皆様、ご存知のことがございましたらどうぞご教示のほどお願い申し上げます。  

オールドノリタケで有名なのは青色のスパイダーマークでございますが、これは高級ウェアにつけられたマークと考えられております。しかしこちらの作品のマークはおそらくそのスパイダーマークのさらに上の高級品に付けられたものではないか考えられるゴールドスタンプです。ドレスデンを模倣したような王冠を使いその中に星を入れています。もしかしたら米国マーケットを意識した上での星のマークであったかもしれません。 

オールドノリタケの場合ですと、色々な事情があったのでしょう。同時期・同地域向け(例えば、北米とか英国向け)であるにもかかわらず、いくつもの違ったメーカー名やマークを使っておりました。

知られた会社名やマークを見つけると「これはオールドノリタケです」となるわけですが、知られていない会社名やマークですと、自動的にノリタケ以外のメーカーの物であると判断がなされることがほとんどのようです。 

現代の様々な製品も敢えてメーカー名を出さなかったり、或いは違うラインには違うブランド名をつけて販売したのと同じようにノリタケさんも工夫なさっていたのではと想像しております。例えば日本ではレクサスという自動車はトヨタ自動車より発売されておりますが、英国ではトヨタという名前は出さずにレクサスというブランドで販売されております。ノリタケさんにも同様のことが行われていたと想像いたします。

ノリタケさんや関係各団体でもすべてのマークを把握できていないというのが現状でございまして、当店からもこのような保全にご協力していきたい所存でございます。 

「まあ、アイデンティティーなどどうでも良い、作品自体をみよ」とお叱りを受けそうです。本当にそう思います。実はそう思いますからこそ、こちらのお品物入荷してまいりました。「盛り上げの技術」をご覧くださいませ。落ち着いた渋さが良いですね。

英国にて長くアンティークの仕事をしておりますと、オールドニッポン、オールドノリタケの作品に出合うことはしばしばございます。ただ、そのクオリティーについてはピンからキリでございます(この辺経緯も上記の専門書をお読みになられますと納得できます。)。私ども英国アンティークスではクオリティーの高いものを選びお客様にご紹介し、作品の保全に努めて居るものでございます。 

英国アンティークスでこれまでに新種のオールドノリタケのマークであろうと判断するに至ったすぐれた作品群がいくつもございます。それらはノリタケ研究会の方もご覧になったことがないとのことでございました。

【コンディション】 

ひび、かけ、貫入などのない美しいコンディションです。また金彩と絵柄に多少擦れが見られますが、100年物のアンティークには通常想定されるレベルのものです。ご覧の通り綺麗なお品物でございます。手作りにつき、個体ごとに少しずつ違いがございますので、その点はご了承くださいませ。 

【サイズ】 

カップ  口径 約10cm / 12cm(ハンドルを含む)
     高さ 約6cm
ソーサー 直径 約15cm
プレート 直径 約19cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クォリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。