【伝統・本物】ヘレンド・薔薇とフルーツのプレート

【伝統・本物】ヘレンド・薔薇とフルーツのプレート

価格
¥138,000
セール価格
¥138,000

【作品の詳細】 

こちらはハンガリーの磁器ブランド、ヘレンド社の大きなプレートのご紹介でございます。深さもありますので、プレートとしての他、フルーツバスケットやフルーツボウル等としてもお使いいただけます。同様のモティーフ違いのプレートは以下でご覧くださいませ。

★ ヘレンド・フルーツプレート

ヘレンド社は1826年に、ハンガリーの首都ブダペストから西に約130kmのヘレンド村でショプロン出身のヴィンツェンツ・シュティングル(Vinzenz Stingl)により創業されました。

既に18世紀初頭にマイセンは、当時「白い金」と呼ばれるほど貴重だった白磁を開発しておりましたが、ヘレンドが後発でありながらも発展を遂げました。 

当初は裕福な人々が所有しているマイセンや伊万里などのコピー品を請け負い、高評価を得ていました。コピー品というと聞こえは悪いですが、どの会社もそうした経緯を経て一流メーカーになっていったようなところが多いですね。

ヘレンドも例外ではなく、注文を受けた磁器の写しを忠実に作り、オリジナル作品から多くの技術・芸術性を学んでいったと想像できます。そしてそれらをオリジナルの自社製品へと昇華させていったのでしょう。 

1851年に世界初のロンドン万国博覧会ではヴィクトリア女王がウィンザー城のためにディナーセットをヘレンドに注文したことで一気に名声が上がりました。そちらが「ヴィクトリア」シリーズと呼ばれ大変流行しました。

また1867年のパリ万国博覧会ではナポレオン3世の皇妃ウジェニーがインドの華のディナーセットを購入、ヨーロッパ貴族の間でヘレンドの作品はブランドとしての位置を確立していったのです。

こちらのモティーフは「ヘレンドらしいフルーツ」でございますね。適切にデフォルメされて、或いは単純化・デザイン化されて、とても「ヘレンドらしい」雰囲気を醸し出しております。色も原色ではないにもかかわらず原色のような明るさがあると申しますか、この辺も「ヘレンドらしい」作品でございます。 

こちらは日本では紹介されていないもモデルです。実のところヨーロッパでも見当たりません。本場ハンガリーより入荷いたしましたお品物です。ヘレンドファンのお客様はどうぞお見逃しなく。 

とても大きな存在感のある作品で、テーブルセンターピースとしてもとても注目を集めます。

【コンディション】 

貫入、カケ、ヒビ、擦れなどございません。とても良いミントコンディションでございます。 

写真は、キレイに写すだけでなく絵付のクオリティーが分かるような撮り方をしているものもございますので、どうぞご利用くださいませ。 

【サイズ】 

直径 約27cm
高さ:約4・5cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クォリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。