オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス
オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス
オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス
オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス
オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス
オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス
オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス
オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス
オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス
オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス
オルコックアンティークカップ アンティークトリオ Samuel Alcock antique cup 英国アンティークス

【伝統・本物】サミュエル・オルコック『200年前の華絵』

価格
¥128,000
セール価格
¥128,000

【作品の詳細】 

英国の<本物>伝統作品をシリーズでご紹介申し上げようと思いまして、「白物 (白磁-金彩-華絵)」と「コバルト物 (コバルト-金彩-華絵)」をすでに一つずつご紹介始めました。もう一つシリーズものとしてご紹介できますのは、「青物」、「縁物」或は「赤物」でございます。私の印象に反しまして「青物」又は「縁物」の<本物>が実はかなり多く作成され現在まで生き残っております。しかも、コンディションのよい物が多いですね。徐々にご紹介してまいります。 

「青物」と「縁物」が比較的多いのに反しまして、「赤物」は少ないですね、レア物です。こちらのお品物をいかがご覧になられますか?注意をひく赤ですね。それと緑の組み合わせ。華絵もしっかりと厚めの塗りが男性的です。かなり派手な葉の形も合わせて、全体として極めて存在感の高い作品に仕上げております。 

窯元のマークもパターンナンバーも御座いませんのでアイデンティティーを判明するのが困難ですが、おそらくこうした派手なデザインを得意としたオールコック(*)かその工場を引き継いだジェームス・デューク卿によるものではないかとの見方です。1800年代の中ごろの作品と思われます。 

(*)サミュエル・オールコックも英国の隠れた名窯です。ほとんどご紹介で来ていませんので、今後プロモーションさせていただきます。ダヴェンポートでもそうでしたがユニークなデザインが魅力で皆様のお気に召すものと存じます。 

★ その他の【伝統・本物】シリーズはこちらをご覧くださいませ。

【コンディション】 

素地は極めて堅牢で重厚です。ヒビ、カケ、貫入等確認されません。とても綺麗なコンディションです。 

【サイズ】 

カップ  口径  約8cm / 10cm(ハンドルを含む)
     高さ  約8.5m
ソーサー 直径  約14cm
プレート 直径  約18cm

当店取り扱いのお品は原則として未使用品ですが、全くの新品ではございません。飾ってあった年月などにより、若干経年を感じさせるお品もございます。以上、ご了承の上、お買い求めいただきたく思います。ご注文に際しましては、写真をベースとして価値・クォリティーをご判断ください。気になる点がございます場合には、ご購入前にメールにてご確認くださいませ。